Googleのバーチャル名刺?

こんな記事を見ました。

グーグルが検索で見つかる仮想名刺機能をインドで提供開始

大した情報を発信していないので、難しい気もしますが…フリーランサーとしては、Linked In的に、Google経由で仕事が舞い込む可能性が増えるのであればWelcomeです!

ただGoogleってSNSとか苦手だからなぁ…

インドでどんな結果が出るのか…頼みに待とうと思います。

導入支援ツールもどんどん進化していますね

こんな導入支援ツールの記事を見ました。

Webシステムにリアルタイムで操作ガイドを表示する「テックタッチ」が5億円を調達

記事中にある動画で、SalesforceのSales Cloudっぽい画面が出ていますし…ありもののシステムにノンプログラミングでガイドを足せるみたいです。どういう仕組みなんですかね?プロキシとか?JSを乗っけてる?IE11でも動くらしいので、Extentionではなさそうだし…実現方法が気になります。

もともとDXに関わることが多いので、マニュアル系ソリューションには注目していて、非システム系のマニュアルも含めて解決できるTeach me bizは注目していましたが、Techtouchだと(Webシステム操作に限られるものの)そのまま作業が進むので、さらに生産性が上がりそうです。

チャンスがあれば試してみたいです。

本当に非エンジニアでもアプリは作れるんですかね…

AWSがHoney Codeという新サービスをリリースしたそうです。

 
AWSがコードを書かずにウェブとモバイルのアプリが作れるAmazon Honeycodeを発表

「2025年の崖に向けての人材不足」なんて話がある中で、非エンジニアがアプリを作れるって…良い話のような気もしつつ…PowerAppsとか、Kintoneと何が違うの…とも思います。

こちらの記事によると、同じらしいです…。ただ、

多くのローコード、ノーコードツールたちは、開発者に「コードに逃げ込む」(オーガスティンの言葉)ことも許すが、それはここでは意図されていない、例えばHoneycodeからコードをエクスポートして他の場所に移動するためのメカニズムは存在していない。

AWSのノーコードツール「Amazon Honeycode」はなぜ生まれたのか?

GoogleのApp Makerは終了して、買収したApp Sheetに置き換わるみたいですが、Cloud Aceさんは敗因は以下にあると振り返っています。

  • 理由(1) 誰でもアプリケーションを構築できるわけではなかった
  • 理由(2) G Suite Business に契約しないと利用できない
  • 理由(3) 結局 GAS のスキルが要求される

HTMLやCSSの知識、GASの知識も必要だ…という話です。Amazonはそれは必要ない…本当の「ノーコード」を目指すと言っています。

でも本当に…そこが原因なんでしょうか…

個人的に、非エンジニアにRDBの構造とか…どうJOINしたら遅くなるか…などを説明するのに苦労します。多くの非エンジニアは、頭の中で1枚のスプレッドシート(要は2次元の世界)を描くことはできても、複数のテーブルからできるRDB(3次元の世界?)をすぐに理解できないことが多いです。

CSVはわかっても、XMLやJSONになると引いてしまうのと同じですかね…。

スプレッドシートレベルの考えで作れるアプリを開発するぐらいなら…Google Spread SheetやMicrosoft Excel365のオンライン版を共有して使うだけで十分だし…それなら非エンジニアでも今すぐ使いこなせます。

確かにコードと聞いただけで、「俺の世界ではない」と思う非エンジニアは多いものの…補完機能のあるエディタも多数ある訳ですし、HTMLやCSSぐらい理解するマインドがなければ、やっぱりエンジニアに任せることになると思います。

エンジニアのRADツールとしてはありかもしれませんね。
でもその場合は「コードに逃げられる」ツールの方が、最終的に良いことになるのかも?

  • 納品後に非エンジニアが自力で直せる可能性がある。
  • ベンダーロックオンしづらい

みたいなメリットはあるかもしれませんし、個人的には好きなツールです。でも…あまり流行らない予感がします…。

すっかり忘れていたNotionのレポートです。

使用感レポートすると書いて…忘れてました(汗)。

簡単なレポート書きますね。結論からいうと、なかなか良いです。
凄いオススメです。

Notion

ログインはGoogleアカウントでできますし、個人ユースは無料です。
Notion自体は、チームユースで活用したり、デザインの自由度が高いので…そのまま一般公開すればCMS的にも使えたりします。

でも今日は個人ユースに特化したレポートにします…いろいろ出来過ぎてキリがないので(笑)。

個人用の情報蓄積ツールとしては、OneNote、EverNoteに近い感じです。テンプレート非常に多く、プリセットされた画像やアイコンも豊富ですが、自分で登録できるので…デザインを自由に直せるのがとても良い感じです。

Chromeエクステンションをインストールすると…EverNote的なWebのクリッピングが簡単にできます。

Notion My Links

ノート式のテンプレートで情報を整理して保存しておくこともできます。

Notion Simple Notebook

ちょっとしたチェックリストを作ると、スマホアプリと同期させられるので便利に使えます。

Notion Check List

他にも、プチTrello的に使えるスクラムボードから、住所録や職務経歴書…豊富なテンプレートから自由に記録が残せます。

オフラインで使えるWindowsアプリもありますし、前述の通り…同期するスマホアプリもあります。

若干起動が早ければ(多分自分も端末が非力なだけです…)いうことないです!

PCの中に色々な情報をまとめて、PCやスマホで好きな時に活用したい…日本語対応していないので…そこが嫌でなければ…オススメの情報ストックツールです。

しばらくNotionへの情報蓄積を続けていこうと思います。

ハイリスク・ハイリターンなクラウドファンディング

こんなサービスがあるらしいです。

個人が非上場のスタートアップ・ベンチャーに投資できる「イークラウド」サービスとは?

紙屑となったストックオプション契約書を5通も持っている私としては、少しだけ興味あるサービスです。

「株式投資型クラウドファンディング」とのことなので、株式は入手しても上場するまでは売買できないっぽいので、純粋に投資のようで、売買市場を(今のところ?)作る気はないみたいです。

そういえば、以前の職場の社長が…こういう投資で1億以上のキャピタルゲインを得たのを目の前で見たことあったし…。

投資って考えると、かなりのハイリスク・ハイリターンですが、個人投資家も少額でポートフォリオにこういう投資を加えられるというのは一定のニーズがありそうですね。

先物取引やマンション投資などの「初めて個人投資される方のために、確実な案件のご紹介です…」的なセールストーク…のようなにおいを感じないでもないですが(笑)。

運営会社的には、「ハイリスク・ハイリターン」な投資に関わりつつ…個人投資の紹介による「ローリスク・ローリターン」なビジネスを組み合わせてポートフォリオを整えようという狙いなんですかね…。