Scrum Guide 2020 Update

ご無沙汰しております。

大阪での仕事は始まり、すっかりホテル暮らしに慣れてきました。
大阪は、東京と違って…コンパクトに凝縮されているので…ワークライフバランスが取りやすい印象です。

法人化して…郵便物が届かないので、家の表札に法人名を入れたり…自分一人のための人事労務を勉強して、社会保険や年末調整や確定申告の勉強もあって、なかなかしっかり休みが取れないですが、充実した毎日を過ごしています。

Scrum Guideが更新されましたね。

近年「具体的な手法はGuideに書かない」方向が続いていましたが、更に進んだようです。ルールブックとして自主的なアイデアを促す目的だと思いますが、逆にプレイブックを初めて作る人たちのため…アジャイルコーチの重要性が上がると感じました。

悩んでいる方は、是非EZworksにご相談ください!

スクラムマスターは、(サーバントリーダーではあるけど)結果にもコミットする!って記載の変更は…従来と内容が変わる訳ではないですが、誤解を減らしたいんでしょうね…

  • 「お前はサーバントリーダーであって、サーバントではないよ」

ってことなのかと…。

What(とそのWhy)、Howを分ける考え方って…とても大事だと思うのですが、今回のスクラムガイドでは「全部チームで管理」という言い方になっています。これも元々、スクラムチーム全体で話し合って最良を目指す「方法論」だったものが「俺はWhatが役割だからHowは知らん」「Howはこっちの好きにさせてもらう」みたいな分断が起きたケースがあって、「本質はチーム内管理だよ。方法は自分で好きにしろ」って変わったのかもしれません。

人ってHowに飛びつきがちですよね。よくあるのが

  • 開発者:「要件提示をお願いします」
  • 依頼者:「○○機能を追加してください」 or 「○○という製品を使いたいから導入してください」

ってパターン…。

いや、出して欲しいのはWhatやWhyだって…

いきなり出されたHowに対して、Whyを聞いたり、もっと良さそうなHowを再提案するのって…うまく言わないと否定するみたいになっちゃうので大変なんですよね…。
このあたりはバランスよくコーチングに組み入れていこうと思います。

ってことで、今年も本質的な変更はなかった…と理解しました。