ソロライドのススメ_12

ソロライド推しのお話しの第12弾です。
今回は、持ち物と時間の話をしたいと思います。

サイクリングにオススメの持ち物(通年)

当たり前ですが、まずはヘルメット。車道を走るからには、安全なヘルメットは必須です。

OGK KABUTO

ヘルメットは、ある程度調整できるとはいえ…頭のサイズや形に合わないと辛いので、自転車屋さん試着して選ぶことをオススメします。でもググるとわかりますが、世の中にいろんなタイプのヘルメットがあります。例えば…

rinproject カスク

こんなヘルメットもあります。サイクリングにハマってきたら…自分なりのヘルメットを探してみるのも良いかと思います。

それからアイウェアも必須です。

ROCKBROS 偏光サングラス

例えば、こんなのとか。私はホームセンターで1500円で売っていた防塵・防花粉タイプのアイウェアを愛用しています。自転車で走っていると…虫と激突したり、埃が目に入りそうになることが意外とあります。それなりのスピードで走っている最中に、目が見えなくなる…なんてあったら本当に危険です。強く着用をオススメします。

そしてコロナ禍が落ち着くまでは、スポーツマスクは必須かと思います。私はこの手の

Bassdash ネックガード 

首まで隠れるタイプを愛用しています。耳も痛くなり辛いですし、首が日焼けしすぎることもなく快適です。

それからサイクリングジャージによくある…「背中にポケットのある服」は、大変便利です。例えば、

ValetteサイクルTシャツ PEDAL LESS

こんな…一見普通のTシャツなんですが、

ValetteサイクルTシャツ PEDAL LESS

背中に3つのポケットがある…そんな服です。自転車乗りながら出し入れが簡単で、物が落ちづらいです。ペットボトルなども普通に入り何かと役に立ちます。

Tシャツだけでなく、ポロシャツやパーカーなどでも…バックポケット付きのものが売られていますので、是非探して活用してみてください。

サイクリングにオススメの持ち物(夏)

真夏はサイクリングにはとても厳しい季節です。でもサイクリスト達は、早起きして早朝走ります。私も5時に起きて5時半~10時半まで5時間サイクリングを楽しみ…その後はクーラーが効いた自宅で、のんびり昼寝をしていたりします。

早朝サイクリングは快適ですが…8時半ぐらいから十分に暑い日も少なくないので…汗を大量にかきます。ですので、サイクリングキャップは必須です。

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ

この手のやつですね。ヘルメットの下被りますが、頭の汗を吸って発散させてくれるので、目に汗が流れてくるのを防いでくれます。高速走行中に、目に汗が入るのはとても危険ですので…必須のアイテムです。直接的な汗対策としては、

Halo headband

ヘイローのヘアバンドも最強です。安全のため汗対策はお忘れなく!

サイクリングにオススメの持ち物(冬)

夏とは違って、冬は防寒対策が重要になります。北風を通しづらい服はお持ちだと思いますし、サイクリングは運動なので…意外と体は温まってどうにかなります。とにかく辛いのが手足です。手袋は、

F-TUBAME 防寒サイクルグローブ

例えばこんなの。サイクリングショップに行くと、防寒性能に合わせた想定気温などもわかりますし、試着して手に合うものを選びましょう。

そして、意外と辛いのが足。サイクリングシューズは、とても通気性が良いので…冬に対策をしないで走ると…本当に「霜焼け」になります。私は、

PEARL IZUMI 7955 ロードシューズカバー

こんなシューズカバーを愛用しています。まあビンディングペダルでないのなら、冬用の温かい靴でサイクリングに出かければ良いだけなんですが…。

冬は、日中は平気でも…15時過ぎあたりから急激に寒くなったりするので、くれぐれも防寒対策はしっかりして、ソロライドを楽しみましょう!

ソロライドシリーズ