ソロライドのススメ_9

ソロライド推しのお話しの第9弾です。
準備が整ったら、どんどんサイクリングを楽しみたいですが、その前に交通ルールの再確認をしたいと思います。

サイクリングを楽しむための交通ルール

自転車の5つの基本的なルール「自転車安全利用五則」|自転車を利用する全ての方へ

サイクリングをしていて、一番悲しくなるのは…交通ルールを守らずに自転車に乗っている人があまりに多いことです。自転車は軽車両…つまり立派なクルマなので交通ルールを守って車道を走るのが原則です。

まもるべき信号は、たとえ歩行者がいなくても守らないといけないです。飲酒やながら運転はNGです。歩道を走る際は、歩行者が最優先…ベルを鳴らして歩行者を蹴散らすなんてありえません。

などをしっかりチェックしましょう。また自治体が個別に条例で定義している内容も把握しておく必要があります。東京都の場合

都道府県条例によって、損害保険加入の義務化、ヘルメットやベルの推奨レベル、2段階右折ルールの考え方などが違ったりしますので、よく読んで把握しておきましょう。

コロナ禍で自転車通勤が見直され、国土交通省も道路整備に乗り出す…と言いながらも公道の整備方法は、自治体によって

  • 車道にブルーラインや自転車専用レーンを整備する。
  • 歩道を分けて、自転車用レーンを整備する。

といった考え方にブレがあり…「どっち行けばいいんだよ…」と悩むような道も多くあります。とはいえ、知らなかったでは済まされないので、しっかり把握して…「自転車乗りはマナーが悪い」と言われないようにしたいものです。

ソロライドシリーズ