フリーランスでリモートサービスの時代ですかね?

以前から個人でのリモートサポートを商売にできないか…模索していますが、こんなサービスに関する記事を見ました。

個人がリモートサービスを無料で開業・運営できるUsideUのTimeHutが登場、投げ銭システムも搭載

運営会社のUsideUは、元々Time Repというオンライン営業ツールを提供していて、それを個人のリモートサービス開業向けに展開したそうです。こういう流れ、どんどん増えてます。どこが生き残るのでしょうか…。

いわゆる予約や支払い管理以外に、「投げ銭」機能にも対応しているそうです。

今でこそ、投げ銭というとYoutubeを思い出す方が多いかもしれませんが…個人的にはツイキャスを思い出します。

そういえば、5年ちょっと前…当時中学生だった娘は、友達が「難問の宿題を説いている様子をツイキャスを見て勉強」したり、「推しに投げ銭」したりしてました。新しいと思ったことって…子供たちが以前からやっていたこと…である確率がとても高いなぁと思います。

私もスクラムエバンジェリストとしてYoutuberにもでなったら、もっと仕事増えますかね…(笑)。余り工数はあんまりないですけど…(汗)。

でも、この業界の流れはウォッチし続けたいと思います。