本当に非エンジニアでもアプリは作れるんですかね…

AWSがHoney Codeという新サービスをリリースしたそうです。

 
AWSがコードを書かずにウェブとモバイルのアプリが作れるAmazon Honeycodeを発表

「2025年の崖に向けての人材不足」なんて話がある中で、非エンジニアがアプリを作れるって…良い話のような気もしつつ…PowerAppsとか、Kintoneと何が違うの…とも思います。

こちらの記事によると、同じらしいです…。ただ、

多くのローコード、ノーコードツールたちは、開発者に「コードに逃げ込む」(オーガスティンの言葉)ことも許すが、それはここでは意図されていない、例えばHoneycodeからコードをエクスポートして他の場所に移動するためのメカニズムは存在していない。

AWSのノーコードツール「Amazon Honeycode」はなぜ生まれたのか?

GoogleのApp Makerは終了して、買収したApp Sheetに置き換わるみたいですが、Cloud Aceさんは敗因は以下にあると振り返っています。

  • 理由(1) 誰でもアプリケーションを構築できるわけではなかった
  • 理由(2) G Suite Business に契約しないと利用できない
  • 理由(3) 結局 GAS のスキルが要求される

HTMLやCSSの知識、GASの知識も必要だ…という話です。Amazonはそれは必要ない…本当の「ノーコード」を目指すと言っています。

でも本当に…そこが原因なんでしょうか…

個人的に、非エンジニアにRDBの構造とか…どうJOINしたら遅くなるか…などを説明するのに苦労します。多くの非エンジニアは、頭の中で1枚のスプレッドシート(要は2次元の世界)を描くことはできても、複数のテーブルからできるRDB(3次元の世界?)をすぐに理解できないことが多いです。

CSVはわかっても、XMLやJSONになると引いてしまうのと同じですかね…。

スプレッドシートレベルの考えで作れるアプリを開発するぐらいなら…Google Spread SheetやMicrosoft Excel365のオンライン版を共有して使うだけで十分だし…それなら非エンジニアでも今すぐ使いこなせます。

確かにコードと聞いただけで、「俺の世界ではない」と思う非エンジニアは多いものの…補完機能のあるエディタも多数ある訳ですし、HTMLやCSSぐらい理解するマインドがなければ、やっぱりエンジニアに任せることになると思います。

エンジニアのRADツールとしてはありかもしれませんね。
でもその場合は「コードに逃げられる」ツールの方が、最終的に良いことになるのかも?

  • 納品後に非エンジニアが自力で直せる可能性がある。
  • ベンダーロックオンしづらい

みたいなメリットはあるかもしれませんし、個人的には好きなツールです。でも…あまり流行らない予感がします…。