キャリアのリスクヘッジとは?

私の場合、自己都合で退職して…コロナの影響もあり…良い出会いがないままフリーランス生活に突入しました。

ちきりんさんの記事を読んで…感じることがありました。

つまりみんな、「国に直接、助けて欲しい」のではなく

「やっぱり自分は企業に助けて欲しい。企業が自分を助けられるよう、国は個人ではなく、企業をしっかり助けて欲しい」

と思ってるんじゃないの?

ほんとに(企業を中抜きして)国に直接、助けてほしい?

自分の場合、「とても安定した将来性のある大企業の、重要な地位」を維持するために努力することで、自分のスキルやキャリアの市場価値が落ちるのであれば…それはリスクが高まっている(不安定になる)ということではないか…と感じて、転職を決意しました。

でも、最初はもちろん…ちきりんさんの言う通り…「企業に属する」ことを前提に転職活動をしました。

そんな中、コロナ騒ぎが広がり、更に今後のキャリアを真剣に考えることになりました。プロフェッショナル人材として、企業を渡り歩いてきましたが…「ある企業に属すること」自体がリスクなのかもしれない…そんな気づきがありました。

いくつになっても…自分のスペシャリティを伸ばして、良い仕事ができるよう努力を続けることが、一番のリスクヘッジなんだと思います。