本当に非エンジニアでもアプリは作れるんですかね…

AWSがHoney Codeという新サービスをリリースしたそうです。

 
AWSがコードを書かずにウェブとモバイルのアプリが作れるAmazon Honeycodeを発表

「2025年の崖に向けての人材不足」なんて話がある中で、非エンジニアがアプリを作れるって…良い話のような気もしつつ…PowerAppsとか、Kintoneと何が違うの…とも思います。

こちらの記事によると、同じらしいです…。ただ、

多くのローコード、ノーコードツールたちは、開発者に「コードに逃げ込む」(オーガスティンの言葉)ことも許すが、それはここでは意図されていない、例えばHoneycodeからコードをエクスポートして他の場所に移動するためのメカニズムは存在していない。

AWSのノーコードツール「Amazon Honeycode」はなぜ生まれたのか?

GoogleのApp Makerは終了して、買収したApp Sheetに置き換わるみたいですが、Cloud Aceさんは敗因は以下にあると振り返っています。

  • 理由(1) 誰でもアプリケーションを構築できるわけではなかった
  • 理由(2) G Suite Business に契約しないと利用できない
  • 理由(3) 結局 GAS のスキルが要求される

HTMLやCSSの知識、GASの知識も必要だ…という話です。Amazonはそれは必要ない…本当の「ノーコード」を目指すと言っています。

でも本当に…そこが原因なんでしょうか…

個人的に、非エンジニアにRDBの構造とか…どうJOINしたら遅くなるか…などを説明するのに苦労します。多くの非エンジニアは、頭の中で1枚のスプレッドシート(要は2次元の世界)を描くことはできても、複数のテーブルからできるRDB(3次元の世界?)をすぐに理解できないことが多いです。

CSVはわかっても、XMLやJSONになると引いてしまうのと同じですかね…。

スプレッドシートレベルの考えで作れるアプリを開発するぐらいなら…Google Spread SheetやMicrosoft Excel365のオンライン版を共有して使うだけで十分だし…それなら非エンジニアでも今すぐ使いこなせます。

確かにコードと聞いただけで、「俺の世界ではない」と思う非エンジニアは多いものの…補完機能のあるエディタも多数ある訳ですし、HTMLやCSSぐらい理解するマインドがなければ、やっぱりエンジニアに任せることになると思います。

エンジニアのRADツールとしてはありかもしれませんね。
でもその場合は「コードに逃げられる」ツールの方が、最終的に良いことになるのかも?

  • 納品後に非エンジニアが自力で直せる可能性がある。
  • ベンダーロックオンしづらい

みたいなメリットはあるかもしれませんし、個人的には好きなツールです。でも…あまり流行らない予感がします…。

まずはNDAからでも電子化したい!

以前、電子契約のことを書きましたが…自分の周りはまだ、「紙の契約書」だらけです。

そんな中、NDAを標準化するサービスの記事を見ました。

リーガルテックのSmaConが取引先と短時間・低コストで秘密保持契約を締結可能な「NDA統一標準規格」公開

契約書は個別に記載する事項はある程度ありますが…NDAなんて…たまに「一方的なので双方向な記載に変える」なんて話はあるものの、書きっぷりの好みだけで大きく内容が変わらないことが多いです。

特に本契約前の商談段階で結ぶ必要があったりするので、良くないとわかりつつバックデートの締結になりがちです。

こういう無料の電子化サービスをみんなどんどん使っていけば良いかと思います。そしてNDAで慣れてから「業務委託の基本契約もこれでよくない?」とか広がっていくと、電子捺印への移行が進む気もします。

どんどん効率化を進めたいですね。

VRは再注目ですかね…

どこもかしこも「VRだぁ!」と叫んでいた時期から、昨年は「停滞気味だよね」という意見が多くなってきていました。

しかし、コロナ渦の関係で…バーチャルなコミュニティやイベントが加速していますよね。友人に教えてもらったんですが…

トラヴィス・スコット×フォートナイト なぜ「歴史的」だったのか?
トラヴィス・スコット×フォートナイト なぜ「歴史的」だったのか?

Fortniteの中でコンサートして…しかも儲かるって…なんだかセカンドライフを思い出しますが(ってかまだ続いてる?)面白い流れです。くわしくは記事をご覧ください。

たしかにあつ森はすごい売れたし…個人的にはマイクラでライブあったら参加したい気がします。

ってか、機材持ってないけど…いつかはやりたいと思っているZwiftのイベント完走者にアバターもらえる!とかあったら有料で参加しちゃうと思います。

こういう流れがどんどん加速して行きそうですね。ある意味ZwiftもVRみたいなもんだ…と考えると…業界全体が息を吹き返しそうな気がしてきました。

雑談って大事ですよね(3)

昨日に引き続き、チャットの話です。

スパチャなるサービス…友人に教えてもらいました。

Remoは、きちんと席のあるパーティ会場を再現する感じでしたが…

見出し画像
Spatial.chatって画期的なオンライン交流ツール試して欲しい

スパチャは…クラブみたいな空間…とでもいえば良いのでしょうか…

スクリーンショット 2020-04-30 22.43.29
Spatial.chatって画期的なオンライン交流ツール試して欲しい

自分のアイコンと、他人のアイコンや動画との距離によって、音の大きさが変わるので、聞きたい動画や話したい人の近くに寄ると話せる(話しやすい)という仕組みだそうです。

なんだかリアルですよね。よくこんなこと考えると…感心します。オフィスの雑談を再現するのにも、良い感じな気がします。社員休憩室的な感じも作れそうですね。

ちなみにSpatialとは、

Google 翻訳

そのまんま「空間的な」って意味らしいです。

まだ無料サービスですが、今後の料金プランやマーケティングによっては…とても成長しそうなサービスなので、注目して行こうと思います。

雑談って大事ですよね(2)

昨日、雑談の大事さの話で、Discordの活用を聞きましたが、こんなツールもあるそうですね。

画像1
オンラインカンファレンスから宴会まで。オンラインイベント向けツール、「Remo」について

Zoomのブレークアウトルームによるワークショップなどはとても便利なのですが、だれがどこにいるかわかって移動できる、メインスピーカーの話は全員に聞こえるなど…とても工夫されていて良いと思います。

Zoom飲み会だと…全員で会話できるというのは…それはそれで新体験となって面白いんだけど、やっぱり普通の飲み会のように…3~4人ぐらいで会話する方が、バランスが良いですよね。Zoomのブレークアウトルームは、管理者がコントロールする作りですけど、Remoだと自分で動きまわれるので…大型のパーティや懇親会に向いているように思えます。

ただ料金体系がイベント用なので、スクラムチームの雑談用途には不向きかな…

スクリーンショット 2020-04-12 20.18.40
オンラインカンファレンスから宴会まで。オンラインイベント向けツール、「Remo」について