魔法学校に体験入学してきました。

若い頃…転職を考えて、DTPエキスパートを取りましたが、グラフィックデザイナーにはなったものの…仕事の評価に関係なく更新しなかった時から…資格からは遠ざかっています。

Licenced Scrum MasterもAWS Solution Archtect Associateも…もらえるレベルの仕事をしてきた(というか部下に取らせる指導をしてきた)んですが持っておらず…フリーランスとして仕事を続けるにあたり「とっておけばよかった」なんて思い始めてます。

プログラミングも、直接仕事で書かなくなって何年もたちますので…PHPやJavaScriptは今でも使えますが、PerlとかColdFusionとかマニアックな経験の方が多いので…ちょっと勉強したくなることがあります。

以前の記事で触れましたが、1年ちょっと前、Progateにはまっていた時期がありました。

HTML+CSS、J-Queryのあたりは…仕事を始める最初レベルの学習はできると思いましたが、他は…そこまでいかないですが「へぇ…Pythonってこう書くんだ」なんて知るのにはとても良いツールです。
Reactがはじまる当たりでやめたんですが…最近はnode.jsも始まったみたいなので、機会があったら…続きをやってみたいと思います。

そんな中、やたらGoogleの広告で「テクノロジア魔法学校」なるものが表示されるので体験入学してみることにしました。

テクノロジア魔法学校

ディズニーがやっているというのが驚きです!
63レッスンあって一括購入で4万9800円だそうです。
とりあえず無料体験学習へ

ソーシャルログインは対応していませんが、メアド、生年月日、性別だけで無料体験に入れます。

オープニングムービーのタイトルを見ていたら、作っているのは…中高生向けプログラミング教育で有名な「Life is Tech !」であることがわかり…おっさんが試すのは気が引けつつも…第1章がはじまりました。

テクノロジア魔法学校

普通にRPGですね(笑)。なんかアキトってアカウントになってますが、きっと無料体験だからかと…。

言われてみれば、プログラミングって…呪文を書くといろんなことができる魔法…のようなものかもしれませんね。

RPG風の長い前フリの後、レッスン画面になります。

テクノロジア魔法学校

JavaScriptをやるみたいですね。

個人的には…

  • ES2015だよね?それともES5でJQueryとか?
  • node.jsでサーバーサイド?
  • クライアントサイドで…React?Angular?Vue?

なんて思ってしまいますが、中高生向きなので、概念や文法が伝われば関係ないってことでしょうか…でも…

テクノロジア魔法学校

ちゃんと書いてありました…クライアントサイド寄りの…HTML+ブラウザゲームの世界なんですね。大変失礼しました…。
理系というよりクリエイター向きの中高生や、制作会社で働く非エンジニアの学習ツールとしては、完成度高そうです。

テクノロジア魔法学校

おっさんなので、Hello Worldからの入出力の下りから入らないことに…違和感環境も感じましたが…クリエイター向けなのでellipse関数から入るのは正しいのかもしれません。

Scratchなどと違って、ちゃんとコードを書くところも実践的で…個人的に気に入りました。

テクノロジア魔法学校

レベルアップしていく感じが、RPG風で楽しく学べそうです。
最初の性別を女性にするとキャラ変わるんですかね…?

テクノロジア魔法学校

校内を動く演出とか…RPGっぽくで楽しいです。

テクノロジア魔法学校

ディズニーっぽくない仲間も増えて…

テクノロジア魔法学校

(とっても簡単な)謎解きを挟んだりしつつ…物語が進んでいきます。と思ったら…

ガチなみなさんも出てきました…さすがです。

テクノロジア魔法学校

こんな感じで、レッスン(上図だと3回)の後に、ミッキーのブックの修了テストがあります。

テクノロジア魔法学校

ellipseでミッキーサインを書かせられた…

テクノロジア魔法学校

ということで1章(1ブック)を体験しました。63章あるようなので63ブック…つまり63キャラのレッスンがあるみたいです。

あと、無料体験を最後までやると、「2万円引きクーポン」が表示されるので…全レッスンを2万9800円で買える特典もあります!

この手の教材って「どこがゴール?」「単なる知識じゃなくて、使える技術になる?」って疑問に思うことも少なくないのですが…デジタルクリエイターを目指す(もしくは興味がある)中高生にはとても良い教材ということでオススメできる内容でした!