業界から攻めるアプローチは面白いかも?

こんな記事見ました。

自動車関係の会社で働いていたこともあるので、とても興味深いです。

電気自動車や自動運転車…モビリティのサービス化など色々言われていますが…まだまだ中古車市場は大きなマーケットなのだと思います。

そして、ものすごくアナログなままなんだろうな…というのも容易に想像がつきます。

でも…中古車屋のオーナーに「SmartHRで!」とか「DocuSignで!」とか言っても…通じない気がします。でもどっぷり業界に浸かっているいる会社からのアプローチなら違うのかも?

とても大変だと思いますが、なんとかやり遂げて欲しいものです。

蚕で医薬品だそうです。

蚕でワクチン作れるそうです。

蚕を利用した医薬品製造を目指すKAICOが2.6億円調達、新型コロナ抗体検査キットやワクチンを開発へ

いやぁすごい…蚕でワクチン作ろうとするところからしてすごい。社名もKAIKOと…そのままです。

ユーグレナが出てきた時、ミドリムシを食べるなんて…発想がすごい…と思ったことを思い出しました。

そういえばイエバエで飼料を作ろうとする、ムスカって会社もありました。

虫の活用可能性は…まだまだありそうですね。ちょっと怖いけど(笑)

Web会議のマイクは大事

こんな記事を見たので思うとところ書きます。

ここまで高性能なマイクはいらないとは思いつつ、音質は大事ですよね。
聞き取りづらいと、コミュニケーションロスが生まれるし、ストレスになります。

先日、「沢山の会議室に、電話会議システムでつないで行われる会議に、自席からビジネスフォンで参加する」っていうの、初めてやったんですが…

NEC| ビジネスフォン(ビジネスホン) | 東京のオフィス電話本舗
この手のやつ…

ものすごい辛かった…

呼吸音が相手側の会議室に流れなないように…ミュートしたいけどそんな機能はないので(保留にしたら会議室に保留音が流れて迷惑だし)受話器を手で塞ぎ…部長級会議なのでスピーカーホンにもできず…

手元にミュートボタンがあるヘッドセットとかが良いですね。

自宅の場合、スタンディングデスクを愛用しているので…コードレスだと更に良し。

良い製品見つけたら、紹介したいと思います。

言語化って本当に大事。

ブックマークを整理してたら…2年前に感銘を受けた資料を見つけたのでご紹介します。

デザインを共有するための言語化の取り組み
デザインを共有するための言語化の取り組み

わかる…あるあるあるあるある…
こういう通訳が得意な私としては…この「あるある」な状況は活躍の場であり…稼ぎ時でもあるんですが、思わず「あるある」と叫ばずにいられません。

あるあるといえば

本当に顧客が必要だったもの

を思い出します。最近はアジャイルな手法でここまで外しませんけど…

本当に言語化による共有って大事だと思います。

やっぱりシンメトリが落ち着きます。

Google KeepをNotionに移行(後日まとめてレポートします)してたら…こんな記事を保存してたので、Blogに残します。

ちょっとライトにしては高いんですけど…

ノグ COBBER(左よりBIG、右上MID、右下LIL')
ノグ これまでにないデザインのライトシリーズ COBBER

これをつけると…

シンメトリで美しい…

ちなみに僕の盗まれた愛車は、このライトを愛用してました。