オンラインKPTに再挑戦!

Plannning Pokerをうまくオンラインでやる方法は見つかったものの…KPTはまだ腹落ちする方法が見つからずStrapもすぐに試せなかったので、もう少しググってみることにしました。

Mediumでこんな記事を見つけました。

postalkというサービスだそうです。
イケてそうに見えるのですが、説明を見る限り…Miroの方が良さそうだし、Twitterアカウントもなくなっていてたので試すのはやめました。

Qiitaでこんな記事を見つけました。

CoogleのMind Map作成機能を使ったKPTです。でも私はこの方法でファシリテートしてワークショップを盛り上げられるイメージが湧きません…

SELECKでこんな記事を見つけました。

KPT自体の解説記事なんですが、オンラインでやるならTrelloがいいという記述があります。

KPT ツール
【徹底解説】正しい「KPT」が仕事の成果を生み出す!進め方のコツ、現場の事例を紹介

できますね…。
よく考えると、個人用ボードにタスクを貼っておいて…発表のタイミングで、チームのKPTボードに移動させる…なんて方法もありかもしれません。スマホアプリを使って、あらかじめネタを書き溜めておく…なんて使い道もあるかもしれません。

でも…個人的には…一人目がKeepやProblemを貼った時に、「俺も!」「私も!」と同意意見を重ね貼りする…ワークショップならではの雰囲気を再現したい…と思っています。

そんな中、こんな記事を見つけました。

デザインツールであるfigmaを使った方法です。でもこれだけならいままでの作画ツールと(デザインツールならではの作画力はあると思いますが)あまり変わらない気がします。

しかし更にこんな記事もありました。

【無料配布】KPTをFigmaデータ化!リモートワークでのオンライン振り返りが最高だった話

近い意見は重ねて貼ったり、「いいね」マークつけたり…
ボード自体は、すごく私の理想にに近いです。

でも…「事前に3分…各自で書いて…みんなで話しながら貼りだす」という流れはどうするのか…

figmaは、個人デザインにで作っておいたカードを、KPTボードにコピペできるそうです。よく考えるとそれってMiroでもできそう…

Miro

普通にブラウザ上で「Ctrl+C」→「Ctrl+V」で…コピペできました!
他のツールでも使えそうな手法ですね!
こんな単純なことに気が付かなかったとは…。

Private用のボードを作って書いておき、コピペで貼れるなら…ワークショップのスピード感を再現できそうな気がしてきました!

チャンスがあれば試してみたいと思います。