オンプレ回帰って…マジ?

IT Mediaオンプレ回帰の記事があったので読んでみました。

海外でオンプレ回帰が微増している理由が3つ挙げられています。

  • セキュリティ
  • コスト
  • パフォーマンス

大抵のユーザー企業は、クラウド(本記事ではAWS、GCP、Azureをイメージしています)を使った方がセキュリティレベルは上げられるし…オンプレの方が安全になるというのは、ちょっと安直な考えですよね。

しっかり自力でコストかけて、セキュリティ対策をやりきり維持できるような会社だけが、主張できる意見かと思います。

コストも記事中のDropBoxのような規模にならないと…オンプレの方が安くなることは、ほとんどないかと思います。

パフォーマンスに関しては、かけるコストとのバランスになりますし…オンプレミス環境を置くiDCへの回線は共用な部分もありますし…爆発的にコストかけないと、クラウド以上のパフォーマンスは維持できないと思います。

記事中に

海外企業がオンプレに戻ってきているからといって、クラウド移行の流れを緩めるようなことになれば、周回遅れなのにトップを走っているような気分になるものだろう。

海外で進む「オンプレミス回帰」 その背景に何があるのか

とありますが、その通りだと思います。まずはパブリッククラウドをフル活用してから考えることかと