Miroを試してみました。

スクラム界隈で話題だったり、LIGさんも活用されているようですし、昨今の需要増もあって増資したらしい…Miroを試してみました。

ググると…

なんて記事はたくさん見つかりますので、私としては「Scrumで使えそうかどうか」という観点に評価してみたいと思います。

料金プランは4つあります(2020/5現在)。ざっくり解説すると…

  • Free:無料
    • ボードは3つまで
  • Team:1人10$/月(年契約だと$8/月)
    • Jira、Confluence、Asanaとの連携可能
    • オンライン会議用のVideo Chat、Timer、Voteツールが使える
  • Business:1人16$/月(年契約のみ)
    • SSO対応
  • Enterprise:応相談
    • 監査ログ、ホワイトリスト、細かい権限管理、MSAサポートなどのセキュリティ対応
    • プレミアムサポート

大企業ニーズも抑えていて、いい感じです。Teamの機能を試したいところですが…まずはFreeで十分使えそうなので、試してみます。

サインアップは、ソーシャルログインできるので…チーム名と自分の立場を答えて(英語)、チームメイトの招待をスキップすればすぐに使えます。Kanbanのサンプルがあったので貼ってみました。

Miro Kanban Framework

なんかすぐに使えそうですが、画面の上部に「デスクトップアプリを入れてMiro!」って出てるのでインストールしてみます。自分はSurface Goを使っているので、Windows64bitとWindows Tablet…どちらにすべきか悩みましたが、前者にしました。ってかSurface Hubにも対応しているみたいです。

Kanban Task詳細

まず、このKanbanで使ってみたんですが…

  • 正しいステータスの欄に自動で位置調整されて入る
  • タグがはれたり、タスクを個人にアサイン出来たりする

とまぁ、良くできてはいるんですが…これなら、Jira SoftwareやAsanaやTrelloで良い気がします。私がMiroに期待しているのはこういうことじゃないんだよなぁ…。

ってことでAgile Boardというテンプレをベースに自作します。

Scrum Board ①

まずはベタにボードを作りました。
アナログ風に、中途半端な部分に付箋を貼れるのも、良い感じです。
複数の付箋を一度に選択して移動させるなど…デジタルの良さもあります。

Scrum Board ②

ステータスを増やすくらいは、Trello的なツールで出来ますが…
改善や緊急レーンを増やしたり、物理的な幅でWIPの量を制限したり、小さい付箋でタスクを割ったり…アナログならではの工夫もできて、すごく便利そう!

個人的には…

  • Planning Pokerはどうやる?ポイントはどう書く?
  • KPTボードは作れるけど「みんなで書いてから、順次貼る」あの流れは再現できるのか?

などは気になりましたが、リモートならではの方法を考えるべきなんでしょうね…。妙案思いついたら、本blogで紹介したいと思います。

ってか、ZoomとかGoogle Meetとかに「ビデオ会議しながらPlanning Pokerする機能」とついたらいいのに…(笑)

ってことで、色々(自分自身への)宿題はあったものの、miroはOnline Scrum Boardとしても…興味深いツールでした!