バーチャル休憩室って新しい!

Tech Crunchでこんな記事見つけました。

Hallwayというスタートアップのサービスだそうです。

コロナ&緊急事態宣言で、猫も杓子も「在宅勤務だぁ!」となっています。Web会議ツールがすごいもてはやされています。

個人的には…コロナと関係なく、Web会議ツールは使ってました。

図表作成SaaSの大手、「Lucid Chart」のEnterPrise Planの導入を検討して問い合わせたのですが…Lucid Chartは日本法人がなくって…アメリカ・ユタ州にある本社の方と「Zoom」で商談したことがあります。

こちらはLTEモデルのSerface Goだったのですが…4Gでも通話・画質で困ることは特になく…快適に商談できました。あえて言うと時差の関係で時間が限られるくらいですかね。サマータイムだと、東京がAM10時だとユタがPM19時になります。

コロナでWeb会議ソフトは特需のようですが、副次的な効果として…大幅に無駄な会議が減ったり…本来出席する意味のなかった会議に出なくて良くなったり…最適化が進んでいると感じます。

そもそも多くの会議や商談で「顔を見る」必要があるものは限られます。
ノンバーバルコミュニケーションが重要な、

  • 個人面談
  • 新規取引

などでしょうか…。
個人面談はいいとしても、新規取引でいきなりWeb会議が使われることは少なかったですが、今回のコロナの騒ぎで…すごく活用が進んでいる感じがします。

逆に言うと、定例会議とか進捗報告とか…もう人となりがわかっているメンバーでの会議は、顔が見えなくても成立します。それこそ電話会議システムがなくても、お互いの会議室に「スピーカーモードにしたスマホ」を置いておくだけで…それなりの会議ができます。

4年前…(人生で1回だけかかった)インフルエンザで熱を出している最中にシステム障害が発生して…対策会議にガラケーのスピーカーモードで(寝ながら)参加したことを思い出します…。

そもそもリモートワークでは、通信環境や小さい子供の有無などの課題が多いですが…ちゃんと集中して、ちゃんとアウトプット出せれば良い訳で…そこに「顔が見えるWeb会議システム」は不要なわけです。資料(画面)共有は、画期的に便利なので…そっちですよね。

とはいっても、ノンバーバールはコミュニケーションは重要です。

  • チームメイトや部下がどんな表情で仕事しているのか?
  • フォローが必要なのか?
  • 逆に声をかけない方が良いのか?

このあたりのマネジメントが、リモートだと難しい。

と…ようやく本題に戻りますが…そこで「Hallway」が休憩に着目したのが面白い!彼らは「リモートワークの孤独」に着目したそうなので、私の観点は違うかもしれませんが…仕事の生産性を上げるのに、仕事以外のコミュニケーション改善をする…というのはとても重要なことだと思います。